トップページ>SEIKOコラム集>キングセイコーの魅力 SEIKO(セイコー)時計買取専門店『ローレル』

キングセイコーの魅力 SEIKO(セイコー)時計買取専門店『ローレル』

2016.06.28

キングセイコーとは日本の腕時計のメイカーのセイコー(SEIKO)が1961年-1975年まで発売した高級腕時計です。

一度2000年に2000個限定で記念に復活しました。セイコーマニア、いや腕時計マニアにはたまらないそんな腕時計。

主に44系、45系、56系が代表的なものになります。いずれも製造された工場や年代が違い、それぞれに特徴が違うものになっています。44系、45系は手巻きで製造されていて56系は自動巻きでつくられています。

44系はロービート、45系はハイビート(10振動)、 56系はハイビート(8振動)です。製造工場は44系(1964~1968年)と45系が 亀戸(第二精工舎)製で56系(1968~1974年)が諏訪精工舎製で製造されたものになります。

それぞれの機種によって、日付がついているものや日付、曜日までついているものまで個性豊。当時、大変高級な腕時計と知られていたグランドセイコーという腕時計があり、そのグランドセイコーの機能はそのままで、工程過程を簡単にして製造したのがこのキングセイコーといいます。

当初はグランドセイコーは諏訪精工舎製で製造され、キングセイコーは亀戸(第二精工舎)製で作られていました。なのでキングセイコーは44系、45系のほうが思い入れがあるという方も多いです。どちらにしても日本の最高レベルの腕時計。もちろん現在でもしっかりメンテナンスしていれば動くものであり、アンティーク好きの方々には密かに人気があります。

 

お申込み・お問合せ

SEIKO(セイコー)時計買取専門店『ローレル』

お問合せ 0120-930-474

info@used-seiko.jp

営業時間 AM9:00~PM18:00 定休日:土日祝祭日