トップページ>SEIKOコラム集>マーベル・ムーブメントの生みの親「中村恒也」

マーベル・ムーブメントの生みの親「中村恒也」

2016.07.25

1945年3月10日に空襲を受け、諏訪に疎開することとなった第二精工舎。

幸いなことに工作機械と部品は空襲を受けておりましたが整備し、商品の製造が可能な状態でした。

 

そして以前にも紹介した『マーベル』を設計・開発した中村恒也も終戦の年に諏訪に赴任しております。

※以前の投稿記事:真の意味で開発を求められた『マーベル』

赴任直後は疎開した部品を使い女性用の腕時計を作り商品として出荷することになったそうですが、女性用はムーブメントのサイズも小さく組立が大変で、精度もあまり良くありませんでした。

 

そういった事もあり、不足した部品を作って男性用の時計も製造し始めます。

最初の製造は『新10型』と呼ばれるスイスのビューレンという時計をコピーしたものを製造しています。

しかし部品の相互関係が理解できず「ただ作るだけ」という状況だったようです。今ではクォーツやスプリングドライブなどの開発や、オリジナル機構を持ち世界中で知れ渡っているセイコーですがそういった時代も経ているようです。しかしそれがまた市場に時計が出回っていない時期だったのでよく売れたようです。

 

そうやって部品がない状況から着実に部品を自社でまかない時計作りのノウハウを蓄積していった第二精工舎の中村恒也。本中3針のスーパーを開発したあたりから精度や生産性を求め始めます。このころから中村恒也氏はだんだん時計が好きになっていき、構造もわかるようになってきたそうで、「自分も新しい時計を作りたい」と懇願し始めます。

 

当時中村氏は30歳そこそこで仕事にも慣れ始め、独自のものがやりたくなる時期でしたが、抑えつけられることなく上司から「おまえは思い切ってそれをやれ」と、理解ある上司に恵まれ『マーベル』の設計が始まります。

 

中村恒也が設計するマーベルはサイズの拡大や軸穴のズレを補正する構造の導入や、歯車形状の見直しなど頭に浮かんだ発想を中村氏は楽しんで設計を行っていたそうです。

 

そして中村恒也の1から見直して作られた時計は、設計思想を持っていなかった当時のセイコーにとって、外国品の模造からの壁を打ち破った人物です。

 

”理想の時計とはなんだろう”という純粋な気持ちで時計を設計していった事が成功した秘訣そうですね!

”止まらなくて、時間が合って、デザインがいい”

それを目指して現在に繋がるクォーツの開発も行っています。

 

※こちらの情報は弊社独自で調査しており、また調べる中で年式などのずれもありました。あくまで参考程度に閲覧ください。

 

セイコー時計の買取は是非『ローレル』まで連絡下さい。

 

SEIKO(セイコー)時計買取専門店『ローレル』

お申込み・お問合せ

セイコー時計買取専門店『ローレル』

お問合せ 0120-930-474

info@used-seiko.jp

営業時間 AM9:00~PM18:00 定休日:土日祝祭日

 

PowerPoint プレゼンテーション