トップページ>SEIKOコラム集>スプリングドライブの歴史

スプリングドライブの歴史

2016.09.05

クォーツは、制御するためにバッテリーが必要となっており、この2次的なバッテリーの影響もあって、動かなくなってしまうことがありました。

 

セイコーは、この部分の変化を加えなければならないと考えて、新しい技術の開発を考えます。

 

グランドセイコーに搭載されている技術を改良して、SEIKOとして非常に画期的なシステムを作ることを考え、スプリングドライブというものを開発しました。

 

1999年に、セイコーは新しい技術としてスプリングドライブを導入し、グランドセイコーを販売しました。

 

ここに搭載されているものは、ゼンマイを利用して動かし、これをバッテリー以外のもので駆動力に変えることを作り出しました。SEIKOは、この時点で今までにない技術を開発していましたが、これをグランドセイコーが持っていることがわかり、非常に大きな衝撃を与えました。

 

そして、この技術は世界でも非常にすごいと評判となり、SEIKOブランドを高めることになりました。

 

原理自体は、1977年頃に完成したものの、技術力が不足しており、なかなか完成をさせることができませんでした。グランドセイコーに搭載され、新しいものとしてセイコーが創りだしたスプリングドライブは、非常に世界に衝撃を与え、素晴らしい技術と賞賛されました。

 

機械式ムーブメントの技術力の高さ、クォーツを開発した技術力。双方の力が合わさって完成されたスプリングドライブは世界No,1!

 

セイコー時計の買取は是非『ローレル』まで連絡下さい。

 

SEIKO(セイコー)時計買取専門店『ローレル』

お申込み・お問合せ

セイコー時計買取専門店『ローレル』

お問合せ 0120-930-474

info@used-seiko.jp

営業時間 AM9:00~PM18:00 定休日:土日祝祭日

 

PowerPoint プレゼンテーション