トップページ>SEIKOコラム集>メカニカル鉄道時計の魅力

メカニカル鉄道時計の魅力

2016.09.07

セイコーのメカニカル鉄道時計にはさまざまな魅力が存在しています。

 

丸に近い入れ物のケースや膨らんでいるボックスのガラスはレトロな雰囲気を形成しています。日本の鉄道の歴史にもSEIKOが関わり持っています。

 

戦前から日本の鉄道には時間が大切であり、正確な時間が確認できる時計を確認することで、定時運行を守ることに結び付けられた時代がありました。

 

時間の正確さの追求は、日本で独自な進歩を遂げました。海外以上に日本の時計の正確さは時間を厳守した運行に影響を与えてきました。当たり前のように正確な時間を求めたことが信頼を獲得して、人々の生活の質を向上させています。

 

戦前に作られたSEIKOのメカニカル鉄道時計も鉄道の歴史に貢献してきた部分が存在しています。日本の鉄道の正確性は管理する側の時刻表示システムと鉄道員たちの鉄道時計が大きな役割を果たしていました。

 

独自な発展を遂げていくことで、日本で独自なメカニカル鉄道時計のデザインや機能を実現させています。日本を代表する時計メーカーであるセイコーも大きな貢献をしてきたメーカーでした。

 

数多く作られたモデルの中でも、SEIKO製は1920年代から長期にわたったヒットを続けてきました。また、戦前から戦後の1970年代まで機械式ムーブメントを製造しています。

 

1969年から作られ始めた高精度なクォーツ時計の革命にもつながっていきます。優れた製品から、優れた時計の形成へのニーズが高まりました。時計の進化にも、セイコーのメカニカル鉄道時計の歴史が影響を与えています。

 

SEIKO(セイコー)時計買取専門店『ローレル』

お申込み・お問合せ

セイコー時計買取専門店『ローレル』

お問合せ 0120-930-474

info@used-seiko.jp

営業時間 AM9:00~PM18:00 定休日:土日祝祭日

 

PowerPoint プレゼンテーション